トップ>私達の事業・紀の川文化遺産活用事業

紀の川文化遺産活用事業

2016年度、市民の力わかやまは、紀の川流域文化遺産活用地域活性化協議会の活動に協力する。この協議会では紀の川流域の文化遺産や地域資源をつないで、広域かつ歴史的で魅力的なストーリーの構築を目指している。
具体的には、

  • 年3回のウォークの開催(7月、12月、3月) ※7月9日(土)、「名勝和歌の浦−聖武天皇行幸の地−を歩く」ウォークは雨天中止となりました。
  • その他
等を実施する予定である。

こども歴史探訪ウォークを開催します。

昔の人々が、徒歩で旅した道すがらを実体験し、様々な文化が和歌山に運ばれた歴史の流れやその役割を学びます。古い時代に発達した農耕生活の水利がどのようであったか、今もそれらが、私達の日常に役立っている事や、人々にとっての地域の文化遺跡の役割を学ぶ。古代人が、海や山への旅の中で、初めて目にした景色や草花への感動を表した万葉歌を学んだり、古代塩作り体験をし、昔の人々の生活や思いに寄り添います。ふるさとに誇りを持てるウォークにしたいと思います。コースは海コースと山コースの2つ。海コースは和歌山市加太で、山コースはかつらぎ町で実施します。(どちらかのコースだけでも参加できます。)

募集人数 各コース30名(先着順)

対象 小・中・高校生(親子参加可)

参加費 無料

持ち物 お弁当、飲み物、雨具など

詳細については、チラシPDFをご覧ください。→チラシ(pdfファイル:6.19MB)をダウンロード

わかやまイベントボードにも掲載しています。

こども歴史探訪ウォーク 海コース 2016年10月29日

こども歴史探訪ウォーク 山コース 2016年11月19日

ウェブサイト「紀の川文化遺産活用事業」公開!

順次内容を充実させていきます。ぜひご覧ください。

紀の川文化遺産活用事業:http://www.kinokuni-sanka.jp/modules/kinokawa/

紀の川文化遺産活用事業facebook :https://www.facebook.com/kinokawa.bunkaisan/

ガイドブック「南海道を歩く」

パンフレット「母なる紀の川」南海道の経路に関する調査研究、現地踏査および歴史街道ウォークという3年間の活動成果をもとにガイドブック「南海道を歩く」を作成しました(A4変形版40ページ)。

南海道そのものを歩くことは難しいですが、現在に継承されている部分も多いので、できるだけそのルートに近い道を歩くことで、どういう道か知ってもらい、体感することを目的に、13のウォークコースが紹介されています。

古に天皇が紀伊国(きのくに)へ行幸された道中を偲び、道筋で詠まれた万葉の歌の景観をイメージし、今に残る文化財を訪ねることができます。歴史と文化と自然が楽しめる、今までにない新しい感覚のウォークコースが満載です!

ぜひご活用ください。

ガイドブックは市民の力わかやま事務所にて配布しています。
また右の画像をクリックするとpdfファイル(約45M)が開きます。

パンフレット「母なる紀の川」

パンフレット「母なる紀の川」2013年度のこの事業の成果としてパンフレット「母なる紀の川」が作成されています(A4版20ページ)。
パンフレットは市民の力わかやま事務所にて配布しています。
また右の画像をクリックするとpdfファイル(約16M)が開きます。

小冊子「流域の歴史・道・人〜紀の川〜」

小冊子「流域の歴史・道・人〜紀の川〜」2013年度のこの事業の成果として小冊子「流域の歴史・道・人〜紀の川〜」が作成されています(B5版50ページ)。
小冊子は市民の力わかやま事務所にて配布しています。
また右の画像をクリックするとpdfファイル(約7M)が開きます。